忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 22:15 】 |
男と女
女の人は昔に固執しない。
男の人は昔に固執する。

よく言われてること。

もっと分かりやすく言えば、
女の人は昔好きだった人、前の彼氏も含めてスパッときれる。
要は、好きじゃなくなる。忘れることが出来るってこと。

逆に男の人は、その真逆。
昔好きだった人、前の彼女も含めて忘れられない。
好きというイメージを持ったまま歳を重ねる。
前の彼女は別れ方にもよるけど。

どうだろか?

僕の見解としては、今まで色んな人と話してきて、
当たってるとは言える。かな。


ただこの僕の見解というのは、所詮僕の経験から言ってるものであるから、
万人に共通するものではないということ。

人にアドバイスするときや、自分の意見を言うときなんて、
自分の経験から言ってるときがほとんど。

その経験というのは、人から聞いた話だったり本もそう。
マスメディアの存在もそうだろなぁ。
ただそれを鵜呑みにするのは間違いなことであって、
そこでその情報を自分なりに考え、どう自分の中でアウトプットするか。
そのあたりのことが大事なことであり、難しいこと。

なんか話しがそれてしまったけど、
んー何が言いたかったんだ?
いつも行き当たりばったりだからなぁ笑

あ。そうそう。男と女の話だ!

男が昔のことを忘れられないのは、
美化したまま心の中に留めているからだと思う。

中学校のときに好きだった人。高校のときに好きだった人。
今でも僕の中にその人に対するよいイメージはある☆

でも冷静に考えるとそれは「今」の俺が「今」のその人を好きなんじゃなくて、
「昔」の俺が「昔」のその人を好きだったっていうこと。

でも心の中にはその当時の俺とその人がいるから、
好きでいられるんかなぁ??でもこれは好きとは違う表現なのかも?

でもそれだったら、女の人も同じ現象に陥ってもおかしくはなくない?
(ーΩー )ウゥーン。。わかんない。。
しょせん、確率論なのかな??


好きっていう気持ち。愛というもの。
いつか消えてなくなるんだったら最初からなかったのではないか?

でもそれは違う気がする。当時は好きで好きでいられなかったから。
これがなかったなんて信じられないし信じたくもない。


でも現実にそういう気持ちって、なくなるもの。変わるもの。
人間の気持ちなんて、すぐに移り変わるし消えていくことだってありうる。
悲しい事実。。

どんなに好きになっても、相手にその気持ちがなければ付き合えないし、
どんなに好きでいても、相手の気持ちが下がれば別れることだってありうる。
こっちの気持ちとは裏腹に。
一人だけの問題じゃないんだもんなぁ。。
難しいところ。

付き合えるか付き合えないかなんて、環境によってもだいぶ変わってくる。
環境っていうのは場所的な問題だったり、年齢もそう。
親の意見もそうなのかな?周りの意見。
そんなこと考えてたら、スキってものの本質って何なんだろうなってスゴク思う。

なんかすごく知ったかぶりに書いてしまった・・・
まだまだ書きたいこといっぱいあるけど、長くなったから区切ります。


PR
【2008/03/24 00:52 】 | 意見 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<(→o←)ゞあちゃー | ホーム | ぼやき>>
コメント
無題
あれはオレの浪人時代だった。
とても綺麗な女の子がそこにいた。オレはすぐに声をかけにいった。そして1年間一緒に勉強することができた。
知り合うにつれ、お互い行きたい大学も場所も違うことを知った。オレはいつしか彼女に心を奪われている自分に気づいた。いつでも心のどこかに彼女のことを考えているのを感じた。だから彼女とは会わない道を選んだ。
時が流れ、センター受験が失敗に終わった。そして今の学校の入学テストを受け、新幹線で自宅に帰る途中に、オレの目にあのとても別嬪で綺麗なあの子の姿が急に写し出された。それは夢でもなく現実だった。
これは、お互いに志望校とはまったくかけ離れたところを受験していることを示した。そしてなんと帰りの電車の中で4ヶ月ぶりに出会っていた。
オレは運命を強く信じた。
だが、結局この恋は実ることはなかった。自分の自身の無さゆえだった。
しかし、オレの心の中ではいつまでも、あの心が躍った記憶が残っている。
オレは思った。きっと彼女とは恋が実らなかったから綺麗な想い出として残しておけるのだろうと。
たぶん、付き合うことになれば少なからずいやなところを見るだろう。それはお互いについてで。
もんちの日記とは関係ないけど、恋愛のジャンルとして、この事実を載せてみました!笑
ではでは!また!!
【2008/03/24 03:34】| | hidecchi #8d28038776 [ 編集 ]
>hidecchi
せやなぁ☆付き合う前だからこそ、お互いイヤなとこが見えない部分もあるし、綺麗な思い出として残せるんだろうね☆
でも、それは誰とでも付き合えばそんなもんだし、それをカバー出来るくらいの好きな子が出来るといいなぁ☆ お互いにね笑
【2008/03/25 01:32】


コメント















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]