忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/13 22:13 】 |
経験の大切さ
僕は経験をすっごく重視します。
経験の大切さをすっごく感じてるし、感じてきたから。

留学なんて一つの例です。
初めて留学という言葉を聞いたときなんて、
想像も出来ないことだったし、留学する人ってすげーって思ってたし、
俺なんかに出来るわけがない未知の領域でした。

でもいざやってみると、ホンッと大したことない笑
留学っていう言葉だけが過大評価されていて、
留学の内容自体は、僕にとっちゃ隣の家に遊びに行くようなもんでした。

それは自分が経験してその当事者になって初めて思うのであって、
だからこそ経験というものをすっごく大事にしてます。
『何事も経験』というのはかなり的を得た言葉だと実感してます。

このような例はいくつもあるんだけど、もう一つ例を挙げると先生です。

僕らが小さい頃なんて、先生というのはかなり上の存在だったし、
先生ってすげーっていつも思ってました。
中には反面教師的なヒトもいるのは事実なんだけど。

でも実際に僕らが成長して、社会の構造など色々分かってくると、
先生になるまでの過程や裏の部分まで見えてきます。

そして大学生になった今、周りにも先生になる子が出てきたりして、
あーそんなもんか。って思えるようになりました。
所詮、大学生の延長線上なんだなーって。

もちろん、先生になるというのをバカにしてるわけではなく、
先生になる才能が全くない僕からしたら、
先生になるなんてすげーって相変わらず思うけど、
昔の僕が先生に対して抱いていた尊敬の念は少なからず小さくなりました。

それだけ昔から先生という存在を過大評価してただけなんだなーって、
僕が大学生になって先生になるヒトが周りに出てきて、
その人らの経験を聞いて学んだ結果です。
つまりヒトの経験を経験した結果です。

まぁそれでも先生になれるなんてすげーって思うし、
相変わらず尊敬の念はありますけど。。。
ただ昔ほどは思わなくなりました。

ほなけん、総理大臣とかも実はそんな大したことないんじゃない?
自分が経験してみたら、あーこんなもんかーって思うかもしれない。
っていうのは一理あると思いませんか?笑


PR
【2008/11/12 11:53 】 | 意見 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<『愛してる』と言わない日本人 | ホーム | 旅人のお話>>
コメント
コメント















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]