忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 10:03 】 |
英語を勉強してる理由3
とりあえず休学することが決まって、とりあえず資金稼ぎ。
引越しの手続きとか色々バタバタしながら、家を引き払って、
実家の高松に戻ってきました。

そこから週に1回休みがあるかないほど、朝から夜中まで死ぬほど働き、
月に約20万ずつ貯めていきました。
このときは冗談ではなくホントに毎日死にそうでした。
多いときで1日15時間ぐらい働いてました笑

英語の勉強もしていこうと考えたけど、それどころではありませんでした。
言い訳ですけど。。。

なんか論点からぶちずれてる気が・・・Σ( ̄□ ̄ || 〒 ||

そうそう。英語を勉強してる理由だ。

僕の留学に対しての奥底にあったのは、
「仕事してからは旅行は出来ても海外に長期滞在することは難しい。
だから今のうちに、海外に住んでみよう。」
というものでした。
そして、
「海外に住んで、そこに住んでる人の価値観、文化など知っていければなー」
と考えてました。

だから英語の勉強も勿論だけど、
一番奥底にあった本当の動機は、海外で暮らしてみることでした。

でもいざ行ってみれば、当たり前だけど海外で暮らしてみるなんて、
日本に帰ってこない限り、何もしていなくても達成できる。

そこにいること自体が海外で暮らしていることだから。

だからカナダでしか出来ない海外でしか出来ない色々なことを経験しつつ、
英語の勉強に力を入れていきました。

その頃はなんで英語を勉強してるか?という具現化した目的はありませんでした。
むしろ、考えてませんでした。
ただ好きだから、興味があったから。それだけでした。
そのうち見えてくるだろうなーとも思ってました。

でもオーストラリアに行ったときに、
1年間海外にいてもほとんど渡航前と英語力は変わらず、
帰ってくる人もたくさん見ていたし、知っていたので、
カナダでは絶対日本人とつるまず絶対日本語を話さないと心に決めてました。

結局は、日本人とつるんだり話したりしてたけど笑、
それでも日本人とも英語オンリーで過ごしてました。

向こうではかなり勉強し、英語力もだいぶ上がったんだけど、
まずは目的が見えてなかった。

そのまま帰国して就職活動を始め、英語が使える仕事ばかりを探してました。
今思うと、もっと就活に対してしっかり考えるべきだったとホントに思います。
帰ったのが3月前だったからほとんど時間はありませんでした。

そんで結局、物流関係の会社に決まったけど、
英語を使う貿易関係の仕事には配属にならない可能性もあります。

それでもカナダから帰ってからもほぼ毎日英語の勉強は続けているし、
今でも毎日続けてます。単位とは関係なしに英語の授業にも出ています。

そこでなんで英語を勉強してるんだろう?と思って書いてみたんですけど、
やっぱり明確な理由なんてないなーって改めて思いました笑

ただ英語が好きだから。

ホントにそれだけのような気がします。
でもそれでも、素晴らしい理由だとも思います。
って自分を正当化してみる笑


今は好きだから勉強してる。
ただの十分条件です☆自己満っていってもいいかもしれない。
今は必要条件はないのです。

でも来春から働くと、価値観、視野など絶対広がると思います。

将来的に転職するかもしれないし、辞めて海外に行くかもしれないし、
そんなことは誰もわかりません。

でもいつか必要条件が飛び込んでくるかもしれない。

そのときのために勉強してるわけじゃないんだけど、
今やってることは将来何らかの形で絶対生きてくることを信じて、
これからも勉強を続けていこうと思います。


んーやっぱり言葉に書くと、気持ちがかなり整理されるし、
微妙に最近モヤモヤしてたから、だいぶスッキリしました。

これもブログを書く一つの意義なんだろうなって思います。

PR
【2008/11/07 10:58 】 | 意見 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<旅人のお話 | ホーム | 英語を勉強してる理由2>>
コメント
コメント















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]