忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/21 10:01 】 |
誕生日
今更ながら、先月の去年の12月23日に23歳になりました。
まだまだ若いです!!

23歳になった日はちょうど韓国人の友だちが日本に来てて、
一緒に名古屋で過ごしてました。

その1年前の22歳になった誕生日のときは、
カナダでその韓国人と過ごしてました笑
その日、友だちと4人で誕生日を祝ってもらったことを思い出してました。
なつかすぃー♪

2年連続で同じ人と過ごすのも珍しいけど、
それが韓国人の友だちとなんてもっと珍しいです笑
もしや、来年もだったりして!?

それはともかく無事に23歳になれたことがすごく嬉しく思ってます。

人それぞれ誕生日というおめでたい日を持ってます。
地球に住んでる人みんな。

誕生日というのはみんなに祝ってもらうという概念が強いけど、
僕は逆に他の人たちに感謝する日だと思ってます。

今までホントにお世話になりました。
今まで一緒にいてくれてありがとう。
今まで支えてくれてありがとう。
今まで笑ってくれてありがとう。
今まで泣いてくれてありがとう。

おかげで僕は無事に23歳になることが出来ました。

みたいに。


人間てのは赤ん坊の頃から、自分ひとりじゃ生きていけれません。
絶対に誰かの支えが必要です。
自立となると、十数年必要です。

生態系の中じゃ、どんだけ自立するのに時間かかってんだよ!
ってくらい、人間は自立するまで時間がかかります。
他の動物などの生態系じゃ、生まれてほったらかしでも、
生きていける動物もいるくらいです。

でも人間という動物は絶対誰かの支えが必要なのです。
その誰かというのは一般論的に言えば、「親」になります。

だから誕生日に一番感謝すべき人は間違いなく育ててくれた親。

だから、誕生日というのはそういう見方で過ごすべきだと思ってます。

23年間育ててくれてありがとうございます。
ようやく今春から僕も自立することが出来るので、
しっかり恩返ししていきたいと思ってます。

あなたが生まれたとき、
周りの人は笑って、
あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、
あなたが笑って、
周りの人が泣くような人生を
おくりなさい。


PR
【2009/01/02 22:29 】 | 意見 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<サッカーOB戦 | ホーム | 2009年に向けて>>
コメント
コメント















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]